top of page

「150」5ヶ月くらい

日記を書き始めて5ヶ月くらい経った。過去に何を書いたか、もうほとんど覚えていない。見返してみると、同じようなことを書いていることが多々あると思う。でもそれを、ぼく的には全く気にしていない。それにたとえ昔書いたことと多少意見が変わっていても、それはそれで面白そうだ。

日記って、こうして書きながら思ってることを組み立てていくことだから、論理的に自分の意見を記載していくことができる。すなわち、自分の思っていることを、論理的に、もしくは客観的に見ることができて面白いのだ。

駄文ではあるが、適当に書く内容を決めてとりあえずなんでもいいから書き始めてみる。そうすると、書く内容やテーマに対しての自分の思いや意見が自然と出てくる。それを適当に書いてると、以外とあっとゆう間に500文字くらいかけちゃう。

また、自分自身の思いや意見を文章にして、読み返すと「おれってこんなこと考えてたんだな」と、その時点で再認識できるのも面白い。そうこうしてると、自然と”自分”というものが形成されていくと思うのだ。

SNSでただ端的に意見をまとめて発信することは容易にできるだろうけど、文章として、読みものとしてのブログやこうした日記は、結構いろんなことを考えたり、情報を仕入れたりするから、身につくことはものすごい多いと思う。

だからなんだかんだでこの日記も続いていると思う。誰も知らないところでコツコツと、まだまだ続けていこうと思う。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comentarios


bottom of page