top of page

「148」逆の価値観

日記を書くとき、何を書こうかをスマホにメモっている。書こうと思っていることが結構たくさんメモしてあって、そのうちの一つを、ピックアップして書いている。

その中に「逆の価値観」という一文があった。

きっと結構前に思ったり感じたりしたことなんだけど、メモしてあったはいいけど、きっと当時は他にも書きたいことが沢山あって、後回しにされたやつだ。

しかし後回しにしすぎた結果、メモった本人が見ても「なんのことだっけ?」と思い出せないでいるのだ。

確か微妙に覚えているのは、価値観の基準が、いわゆる一般的では本当に面白みがないな。ということだと思う。(ちょっとこのまま思い出しながら書いていく)

例えば、面白いって初めからわかっているものに対して、面白いってそのまま言うのは、面白くないな。っていうことだったり。 例えば、みんながこうしてるから、自分もこうしてみました。と、鼻から大衆に寄せにいくその価値感覚だったり。 そういうのって、いかにも面白くないなって思ったと思うのだ。つまり、価値観が、いつも人とは逆のものを持っていないといけないということだろう。

と、ここまで書いてもまだふわっとしているから、また思い出したら書くことにする。「逆の価値観」よ、かなり後回しにして悪いが、どうしてもお前を思い出せないのだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page