top of page

「143」夏休み

昨日の岐阜は、少し雲がかかり、いつものカンカン照りの太陽とは全く違う、ちょっとだけ涼しく感じる天気だった。どうやらちょうど、昨日からが秋らしい。暦の上では。秋と言われてもまだまだ夏の暑さは健在で、まだこれから海や川へ遊びに行く人もたくさんいると思う。お盆休みがあるから。

中学校の頃の夏休みはいつも面白かったのを覚えている。だって1ヶ月半くらい休みが続くわけだから、そりゃあもう羽を伸ばしたい放題だった。友達の家に泊まりに行ったり、いつもより大分遅く帰ってきて、大分遅くまでテレビを見て、ゲームをして。確か部活がない日は、平気で昼まで寝て、それからダラダラとゲームをやったり、友達と遊びに出かけたり。夏休みに入った瞬間の、あの時の感情って、”休みが一生続きそう”とどこか思っていた節もある。それに体力も有り余ってるから、なんでも出来た気がする。そう思えば、もっともっと羽を伸ばしまくってもよかったなと思う。

というのも、大人になるとそれほどの大型連休をとるのは、一般的にはほぼ皆無だ。大金持ちとか外人のサマーバケーションとか、そんな類の人しか無理だろう。

今年もウチの会社の盆休みは4日間だけだから短い。だけどそれはそれで、会社をしてる身としては苦でもない。これが嫌いな、やらされ仕事だったら絶対に文句を言っている。だけどこれから新事業がスタートして、いい感じになっていったら、1週間とか10日間くらいの海外旅行にでも出かけたい。そこで海外の文化を感じたり、読めていない本とか、ただただ散歩したり。そんな夏休みを過ごしたい。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

留言


bottom of page