top of page

「141」達成感

日曜はサーフィンに行ってきた。去年の4月頃から初めて5〜6回行って、今年は初サーフィンだった。

もともとかなりサーフィンが上手な友人に誘われて行ったから、始めのうちは板を借りてやっていたが、浮力の少ないショートボードでやっていたから、全く立てなかった。3回やっても立てなかったから、4回目はファンボードという、もう少し板が大きくて浮力のあるものに変えた途端、ちょっとだけ立てた。

しかし基礎を何も習っていなかったから、ちゃんと一から習いたいという思いで、今年はスクールに行ってきた。練習では乗りやすいロングボードのかなり浮力がある、ゴム板みたいなやつでやったけど、これがまた尋常じゃないくらい楽に立てるのだ。

それに日曜は波が全くないし、沖まであまり出なかったから、初心者には最高な環境だった。そこで立つ感覚を改めて覚えることができた。

この「達成感」こそが、どんな物事でも、続けられるキッカケになると感じた。どんなことでもまず、出来たという感覚を覚えること。そしてちゃんと理解すること。さらに最低限の基礎を覚えること。

なんでもやり始める時に、こので法則を覚えておけば物事が楽しくなるということを、理解した。ぼくはこれで初めてサーフィンにハマったと言えるだろう。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page