top of page

「137」売上No. 1

商品の宣伝方法とかで「売上No. 1」言ったものがあって、こうした謳い文句をいろんな所で目や耳にするけど、これって、果たして本当に謳い文句になっているんだろうか?

売上No. 1って、確かに他のものよりも売り上げが多かったということ。だから、一見凄いように思うが、実質的にはどうなのか?とぼくは疑うってしまう。確かに売上は良かったかもしれないが、じゃあ実際ユーザーの購入後、もしくは使用後などの意見はどうだったんだろうか?と気になってしまう。

だったら顧客満足度1位の方が、すっと入ってくるんじゃないのか。

売上1位ということは、おそらく売るための宣伝を沢山したんだろうし、売れるための戦略なども大いに考えたんだろうと思う。HPの作り方だったり見せ方だったりと。だけど”とりあえず売れた”からといって、必ずしも”良いもの”とは限らないとぼくは思っている。

実際ネットの業界なんかの話を聞いてみれば、広告にお金をかけることである程度の「売上操作」も可能だと言う。何ヶ月か広告を売って調査して、それを元にこれだけ売上をあげたいから、これだけ広告をかけよう。なんてやり方で、売上をあげることは出来ると。ということは、”良くない商品”でもとりあえず売上を上げることは可能だということ。

実際に今まで、ネットとかでなんとなく適当に買ってしまったものが沢山あるけど、やっぱ失敗した経験なんて山ほどある。でもそんなぼくの失敗経験も、そうした企業からしたら「売上No. 1」のウチの一つなんだろうな。

だからぼくは「売上No. 1」を、あまり信じていない。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page