top of page

「135」付加

「単価をあげる=価値をあげる=その価値を求めるお客さんと出会う」ということになれば、とってもシンプルだと思う。

それを実践している人には、確かな実績があったりする。要するにぼくら工場が今やっていきたいと思っていることだ。しかしながら単純に単価をあげることは、それ相応に難しい。そう考えている時に、一つの考え方に出会った。

「付加価値とは、自らで定義しないと創れない。」

これはとある人の記事に書いてあったんだけど、この言葉の並びを見ただけで、何となく納得できた。というかしっくりくる。価値とはつまり価格の値だから、今でいう”お金”だと思うが、付加価値の”付加”とは、価値にプラスアルファするもの。つまり実績などからくる信用や、技術などだ。他にもいっぱいあると思うが。

そうやって独自に付加していくことによって「おたくに頼みたい」と言うような、まるでブランド化にも繋がってくるんだろう。

とすれば、ぼくら縫製工場は今何をすれば良いのか。それを考えるだけだ。とってもシンプルだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Commentaires


bottom of page