top of page

「127」フラストレーション

色んな部分でのフラストレーションが溜まってきている。仕事にプライベートに、なんだかちょっとした事でものすごいイラッとしてしまうのだ。不甲斐ないけど、それだけ自分は弱い人間なんだなと思う。

しかしもう一方で、フラストレーションこそ、ものづくりの原動力にもなると考えている。日々の、そして世間や自分自身への怒りやストレス。こういったものを形にすると、芸術だのなんだの、作品になると思っている。

だけどさらに難しいのは、ぼくがやっているのはあくまでも「服を作って売る」という事なので、感覚として作品に偏ってしまっては、ものが売れないと思うわけだ。

作品と商売という、双方のバランスを保ったものを作らないといけないという事で、これもまたある種のフラストレーションでもある。売れなかったらお金で苦しみ生活で苦しむ事になるだろうし。そのプレッシャーもまたストレスでありフラストレーションになる。

つまり、生きていく事や、ものを作っていく事は、そんな塊で出来ているんだろうな。だけどそのフラストレーションが形になった時が、非常に面白い。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page