top of page

「123」積み重ね

1、2、3、と、一つずつ積み重ねていくことは、どれだけ根気が必要で、どれだけ大変なことなのかと、大人になるにつれてその実感がより大きいものになってくる。

というのも、人生は全ての物事が必ずしも1、2、3と順序良く、同じスピードで増えていくということはまず難しいと思う。1→2にいく間に、0.1や0.3を何個も積み重ねる必要があって、さらに0.01や0.08など、細かい部分でもいろんな積み重ねが必要だ。かと言っていきなり1→2まで一気にいくことだってあるだろう。

面白かったのが、台湾の十分(シーフン)で有名な天燈(ランタン)飛ばしをしてきた。(日本で言うところの七夕みたいなものだろうか)それは、ランタンに願いを書いて、気球のようにランタンの中で火を炊き、空に向けて飛ばすものだった。

ぼくらが飛ばす時は、かなり強めの雨が降っていて、これではきっと飛ばないだろうなぁと半ば諦めていた。いざ飛ばしてみると、まさにその通り、少し上がってから雨の重さでどんどん下がってきて、遂には民家の屋根に激突し倒れ始めた。やっぱりさすがに雨だと飛ばないかーなんて思ってたその時、また息を吹き返し、どんどん空へと上がっていった。「転んでも、まだまだやってやる」と言わんばかりに、今度は勢い良く大空へと飛び立っていき、やがて姿も見えなくなった。

これを見て”正に人生だな”と、感慨深くなった。たとえ順調に行っていようが何かの拍子に転がることもあるし、最初がダメでも立ち上がれることだってある。1、2、3の数字のようにただ単純なだけでなく、もっと細かく積み重なったり、時にはマイナスになったりもしながら、徐々に積み重なっていくもんだなと。

気づけば1年の3分の1の分の日記を書いていた。他にも見渡してみれば、意外といろんなことが積み重なっていて面白い。何度も言うが、コツコツと確実にいろんなことが積み重なっていっている。焦らずじっくりとやっていこう。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page