top of page

「122」イケメンじゃない方

根っからのイケメンに生まれてこなくて良かったな。と、今では思える。

小学校、中学校と多感な時を、イケメンじゃない方で育ったぼくは、当時はやはり、モテてるヤツを横目で見ていた。バレンタインなんかもらった事もない。告白なんてもちろんされた事もなかった。悔しいことに結構な天パで、それも多感なぼくを傷つけた要因だ。ぼくはなんて情けない、惨めな童貞の少年だったんだろうか。

しかし結局、それが糧となって社会人になってから、ちゃんと努力をしてきた。その結果、特に女性に臆する事なく話せるようになったし、多少のユーモアも交えて話せるようにもなった。お付き合いや結婚に至るまでの経験もあるのだ。

小学校、中学校でモテてた方の奴らは、その当時モテてた事にあぐらをかいて、今ではすっかり”イケメンじゃない方”のジャンルになっている。つまり、必ずしも根っからのイケメンがいいという事ではないのが、この結果から分かる。

そうじゃない方に属してきた方が、”モテる為の試行錯誤”を大人になってから繰り返すようになるからだ。いわゆる努力をするのだ。

それにもう一つ、根っからのイケメンは、プライドが高い場合が多い。プライドが高いほど、会話としての許容範囲など、受け皿が非常に少ないのだ。”そうじゃない方”は鼻からそんな無駄なプライドを持ち合わせてなんかいない。だから許容範囲も広く、さらにそれをユーモアに変えられる力を持っている。(努力した人に限る)

ぼくは”そうじゃない方”に生まれて、今では全然良かったと思っている。というかそれ以前の問題で、”世界は広い”ということにもっと早く気づいていたら、努力だのなんだの、関係なかったかもしれないと思うが。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page