top of page

「120」英語

台湾に来ているが、日本の英語教育は、本当に劣っているんだなと実感する。自分が勉強嫌いだったこともあるけれど。だけど台湾の人は、基本的に英語を話せる人が多い。というか観光地なら喋れない人がいない。

常用語としての英語が非常に成り立っていて、タクシーやホテル、飲食店やその他のいろんなお店。どこの店員さんも全て英語で会話ができる。日本語しか話せない自分がまるでちっぽけに感じるくらいだ。

ぼくらの世代は、義務教育で英語の授業が始まったのは中学からだった。今考えると、遅いとも思うし、普段の会話で英語を使うことがなかったから、それほど重要に感じていなかったけど、今の時代、グローバルな世の中で英語が話せないのは、本当にぼくは無能だったなと感じるのだ。

そう感じることのないように、幼稚園やそれくらいの時から、英語を肌感覚で覚えさせてくれるような教育文化にしていかないと、どんどん世界からおいてけぼりにされてしまうだろうと感じている。

インターネットが発達した昨今、日本以外のいろんな国の情報を直接見れるようになったのに、ぼくは日本の中の事ばかりしか見ていない。これではマズイ!と非常に痛感している今回の海外旅行だ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page