top of page

「112」死

オウム事件死刑囚死刑執行が、大きなニュースとなっている。被害者やその家族、はたまた死刑囚のその家族、いろんな立場からの意見を連日多方面で見た。いずれも、その全ての当人でないと、気持ちを100%理解できないのは確かであるが、そうじゃないぼくらは、それを”考える”ということが必要なんだろう。

ただ、そうは言っても、この事件の話は恐ろしすぎることで、さすがに当事者の気持ちになって考えることは出来なかった。怒りや憎しみだけでは表現しきれないものだろうし、あるいはずっと信じられないでいるかもしれない。やはりぼくなんかが考えても分からない。確か事件はぼくが小学校時代のことで、あんなにも恐怖に思ったことは、今でもほとんどない位。麻原死刑囚が捕まった瞬間のあの驚きや恐怖は、未だに鮮明に覚えている。あれからこんなに年月が経ったのに、未だに首謀者の根本的な動機が解決していないなんて。それをどう捉えたらいいんだろう。

もちろん、死というのは全ての生き物に訪れるんだけど、その死があまりに無残だったり唐突だったりすると、その周りの人はなす術もない。実際、ぼくの母親もそんな感じで、あまりにも突然の死を迎えた。家族は何にも出来ることがなかった。ただ頭が真っ白になり、何にもわからなくなった。こんなことがあるんだと日々嘆いたり、母親を思い出したり、結局の所そんなことしかできなかった。

そこから学んだことは、自分の死もいつ訪れるか分からないから、死をもっと意識することでより充実して生きていけるんだろう。ということだった。実際にはたった一度しか経験しないことだから、明確にわからないけれど、意識するかしないかでは、生き方が大きく異なると思うのだ。生きる事は死ぬ事である。じゃあなぜ生きる。そんな問いかけに、一体どうするか。それが人生最大の大喜利なんだろう。 改めて今、その事を考えていくことがぼくがやる事なんだろうと感じる。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page