top of page

「106」和

昔は人が集まってるような「和」に入っていくのに、そんなに抵抗はなかった。だけど最近ではその「和」に入るのが、窮屈に感じる。なんとなく「オレはいいや」と、後ろ向きな感じでみんなの和を見ている節がある。

それは自分の自身のなさからくるものなんだろうか?もしくは、反逆的な考えでいるんだろうか?「和」にもよるが、そのどちらともぼくにはあると思うのだ。もともとそんな和があれば、率先してその和に入っていき、そこをかき乱してやろうという感じでもなきにしもあらずだったけど、今はそんなことはまるで思わない。ぼくはぼくだ!と、思っているのが強い気がする。だからわざわざ和に入りに行く必要もないなと感じている。

ぼくから見る日本人のイメージは、なんとなく、「和」に属していないとどこか心細いと思っているような印象だ。決してそんな必要はないとは思うけれど、みんなでワチャワチャしていたりするのを見たりすると、そう感じる。それが良い悪いではなく、きっとそういった気質なんだろう。

思い返せば学生時代もそうで、クラス発表会的なものがあってもぼくはあまり和の中で何かするのが好きじゃなかった気がする。入るんだったら乱してやろう的な。それがぼくの本来の気質なんだろう。それになんだか和になってワチャワチャするのがそんなに好きじゃないということだ。

友人とこんな話しをしていて、どっちが良いのかな?という話になったけど、結局はどちらが良いとかではなく「そういう人もいる」ということに落ち着いた。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page