top of page

「100」コツ

100という数字はキリがいい。だいたいなんでも100まで行けば結構な積み重ねの証となる。例えば腕立ても10回ならほとんどの人ができるが、100回はなかなか容易なことではない。サッカーのリフティングも100回できればすぐに300、500回と数を重ねる事が出来る。

きっとこのブログもそんなんで、100回ってたった三ヶ月あまりだけど、それでも三ヶ月続けば半年、一年と積み重ねれそうだ。と、言うのも、ある程度の「コツ」を掴むからだろう。新しいことを始める時は、この「コツ」を掴むまでの基礎段階で、今まで結構つまずいて来たというのが、ぼくの経験だ。ぼくは、なんでも初めから出来るイメージをして、そのイメージ先行で、楽しそうと頭打ちに決めつけていた事が多かった。実際初めてみるとそんな上手く行くはずはなく、上級者や経験者のいいとこばかりを見ていた。裏で、他からじゃ分からない苦労などがあることなんか、あまり考えた事がなかった。もちろん、もっと気楽にやればいいのだとは思うが、気難しく考えてしまうのもぼくの性格であるから簡単には変えられない。

なんでもはじめは失敗を重ねて、それでうまくなっていく以外方法はない。コツをつかんだ所で、そこからいろんなものに応用だとかして行けばいいと思う。

とりあえずこのブログも100回を迎えたということで、少しずつ形を変えて行きたいと思う。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Kommentare


bottom of page