top of page

「10」人間の細胞

なんだかんだで日記を書き始め、とりあえず10回というキリがいいところまできた。キリがいいからなんだってところだけど、意外と毎日同じ景色を見ていても感じることや思っていることは大なり小なりあるんだなと気づいた。 今までもきっと、沢山のことを感じていたんだろうと思うと、それを目で見てわかる形に残してこなかったから心なしかもったいなくも感じる。

まだ積み重なってないから読み返してないものの、沢山日記を書いたのちに振り返って見てみて、あの時こんなことを思っていたんだ、とか、今はちょっと考え方が変わってるから自分が言ってることが違って聞こえたり、だとか沢山でてくることを予想するとそれもまた楽しみだ。

人間の細胞は日々少しずつ生まれ変わり、数年で全て生まれ変わるという説があるけれど、きっと考え方も感じ方も同じく、日々少しずつ変わっていき、数年でまるっきり別人だなんてこともあり得るんだろうな。

自分のことでいえば、10年前とは体も心も体質も、環境さえも変わっているから、名前や生まれた場所、家族構成とかは変えられないにしても、あの時とは自分は別人なんだろうな。さらにもっと前は女性にはシャイで話すこともままならなかったのに、いつしかそんなこともなくなり、頭が悪いことになんの羞恥心もなかったけれど今は恥ずかしくなり。良くも悪くも人は変わるものだと、そういうちょっと観点からも気づかされる。

変えようと意識的に変わることもあれば、人から影響され変えられることもあるし、なんにもしないだって勝手に変わってしまう場合もあるだから不思議なものだ。 ということは、変化というものはなにも恐る必要はなく自然とやってくるもので、知らないうちに変わっていくものなんだろう。焦って急ぐ必要もなさそうだ。 春の陽気に合わせて、ゆっくりとしてみよう。

同じ春はこないって誰かが言ってたし。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page